ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

茂木宏美、重圧を和らげてくれた友人の言葉

2008/10/10 19:52


群馬県の赤城カントリー倶楽部で開催されている「SANKYOレディース」初日。単独首位に立ったのは、地元出身で開催コースに所属する茂木宏美だった。客観的に見れば、地元の声援を多く受ける上に、知り尽くしている所属コースでのプレー。スコアが良くて当然、と思われがちだが、周囲の高い期待は、受ける側にとっては大きな重圧に変わるもの。茂木自身も、「プレッシャーに感じていたので良かった」と素直な心情を吐露した。

茂木の重圧を和らげたのは、前日に友人が電話で口にした次の言葉だったという。

「みんな良い成績を望んでるかもしれないけど、諦めないで1ホール1ホール立ち向かう姿が見たいんじゃない?」

この言葉を胸に留め、「意識してプレーした」という茂木。重圧に押しつぶされることなく実力を発揮できた理由の1つなのだろう。初日を終えて「まだプレッシャーはあるし、長い1週間になると思う」というものの、「こういう経験は、ホームコース(で試合が開催されること)ならでは。このようなプレッシャーは今しか経験できないものだと思って、じっくりと味わいたいですね」と、頼もしい言葉を返していた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。