ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

三浦桃香 “一打に集中”の目標も「Jアラートに負けました」/女子最終プロテスト初日

2019/11/05 17:50


◇国内女子◇最終プロテスト 初日(5日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6398yd(パー72)

「泣きそうでした。テストで死んじゃうんじゃないかと思った」というのは、3度目のプロテスト挑戦となる三浦桃香。初日を4バーディ、3ボギーの1アンダー「71」、首位と3打差の15位としたが、大事なプロテストの初日に思わぬ事態に巻き込まれた。

スタートホールの1番をバーディとした三浦だが、3番(181yd/パー3)のティイングエリアに立ったとき、コース周辺から大地震などの災害発生を知らせるJアラートの警報音が響いてきた。「外で鳴っていたけど、私たちは携帯を持ってないから…。地震かなって思ったけど、打たなきゃいけないから打って。びびってティショットをピンまで50ヤードくらいショートして、セカンドもチョロ。パー3で3オンでした」とこのホールをボギーとした。

コース内にいた関係者らの携帯電話は反応せず、周辺施設から聞こえてきた警報音。最後に「これは訓練です」という言葉を聞き取って、「そっか、訓練か」と安堵した三浦だったが、時すでに遅し。

「10分くらい、ひとりで病んでました。一打一打集中したかったんですけど、ちょっとJアラートに負けましたね」。なんとか巻き返して初日をアンダーパーで終えたものの、その表情は不満げだった。(岡山県笠岡市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!