ニュース

国内女子NOBUTA GROUP マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

「自分に期待しない」 鈴木愛は左手親指痛から5週ぶり復帰

2019/10/23 17:42


◇国内女子◇NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前(23日)◇マスターズGC(兵庫)◇6510yd(パー72)

左手親指痛で戦列を離れていた鈴木愛が、9月「デサントレディース東海クラシック」以来、5週ぶりに出場する。「クラブを握ると本当に痛かったが、病院で炎症を抑える注射を打ってもらいました。指は大丈夫です」と明るい表情をみせた。

休養中は友達との食事やショッピングでリフレッシュ。東京にある自宅では自炊もした。「ご飯は毎日炊きましたし、魚を焼いたり、野菜の肉巻き作ったり。作るのは好きですよ。ゴルフから離れるのも必要な時間だった」と振り返った。

この日はプロアマ戦で最終調整。「練習していなかったので、優勝争いのレベルにいっていない。あまり自分に期待せずに頑張りたい。4日間をまずは完走すること」。今季はここまで4勝で、賞金ランクは首位の申ジエ(韓国)と約3300万円差となる4位。2年ぶり2度目の賞金女王へ、万全の状態で残り6戦を走り抜ける。

左足首痛を抱える申ジエもプロアマ戦をプレー。「日本女子オープンゴルフ選手権」以来、3週ぶりの出場となるが、「最後の3ホールぐらいで足の痛みが出ました。でも思ったよりも大丈夫です。病院にも行きました」と説明した。

今大会は2009年に制し、17年は2位と相性もいい。「優勝の記憶も強いし、コースコンディションもいい。いい結果が出るようにプレーしたい」と意気込んだ。自身初となる賞金女王に向けて「目標でもあり、意識がないといえばウソになる。でもここまでくると過程を大事にしていきたい」と自然体を強調した。(兵庫県三木市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!