ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

闘争心ダウンから奮起 稲見萌寧がロケットスタート

2019/10/18 19:46


◇国内女子◇富士通レディース 初日(18日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675yd(パー72)

今季1勝の20歳、稲見萌寧がロケットスタートを決めた。盤石のプレーで無傷の9バーディ。自己ベスト「63」をたたき出し、2位に2打差をつけた。自身初の首位発進となったが、「あまり特別な感じはなくて、9アンダーと聞いても、あーそうだったんだという感じ」とあっけらかんと話す。

今週は昨年12月から師事する奥嶋誠昭コーチ(39)を初めてキャディに据えた。起用の理由と問われると「面白半分で」と笑ったが、「ロープ内で見るのと、成績だけ見ているのは違うと思うので、どういう傾向があるのか見ていてね」とシーズンの開幕前から依頼していたという。「プレッシャーのかかる試合は嫌だから、シードが決まってから。コースのアンジュレーションの少なくて暑くない試合」という条件で今大会でのタッグが実現した。

「どんなに良くても悪くても、笑って終わろうねと約束した」というスタート直後に「面白いことをやらかしてくれた」。奥嶋コーチが誤って手引きカートからキャディバッグを倒し「そこから笑いが止まらなかった」とまた“思い出し笑い”する。起用が自己ベストスコアにつながったのかと思いきや「…いつも通りできました」とやんわり否定。言葉の端々に良い関係性がうかがえる。

今年7月の「センチュリー21レディス」で初優勝を挙げ、その後も賞金を積み重ねてシード権が確実となり、一時は「闘争心が落ちてしまった」という。練習量こそ変わっていないが「集中力が若干かけていた。やってやるぞというか、はい上がってやる気持ちは少し欠けていたかな」。それでも「ぬるいよね。目標は2勝目だよ」という奥嶋コーチの声で奮起した。

2勝目に期待がかかる。「焦ってもいいことはない」としながらも、「1勝目は最後まで分からない戦いだった。最後の最後まで余裕でストレート勝ちしたいという思いはあります」と目の奥に野心を浮かべた。(千葉市緑区/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。