ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

吉本ひかるがホールインワンで200万円! 「めっちゃ興奮」したのは?

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(13日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

「やったー、200万円!」と喜んだのは、自身ツアー2度目となるホールインワンを達成した吉本ひかる…ではなくて、同じ「黄金世代」の田中瑞希。仲の良い吉本のスーパーショットを自分のスタート前にテレビで見て「めっちゃ興奮しました。いいなぁって。あ、タカろうとかじゃないですよ(笑)」と我が事のように喜んだ。

午前スタートの吉本は前半17番(160yd/パー3)で6Iを振り抜くと、球は旗ざおにガチャンと当たり、ダイレクトでカップイン。大会期間中、達成者全員に提供される賞金200万円を得ただけでなく、「ちょっと流れに乗れたのかな」と折り返した後半は4アンダー「32」の猛チャージ。通算6アンダーの3位へとリーダーボードを駆け上がった。

午後組の田中も「最近取り組んでいるスイングイメージが、結構良くなってきている」と安定したショットでコースを攻めた。一年前に当コースで挑戦したプロテストには通らなかったが、「あまり狭いとは感じないから、そんな悪いイメージはないと思う」と攻め方は理解している。この日「69」とスコア伸ばし、通算5アンダーの4位にいる。「この1Wショットの感じなら、あとはアプローチとパター次第」と視線を上げた。

すでに賞金シード入りを確実にしている吉本に対し、田中の今季獲得賞金は486万2000円。現時点では「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」と「日本女子オープン」の出場が決まっているが、残りは未定だ。狭き門であるプロテスト通過からQTという道を回避するためにも、少ないチャンスをものにしたいところ。

今週はツアー最高となる賞金総額2億円のメジャー大会。「だから、今週がんばって“ワンチャン”狙いたいけど…あんまり言わないでおこうと思います」と、願望は心の奥にしまっておく。(兵庫県三木市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。