ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

前売り券は初の完売 さらなる渋野フィーバー対策も

2019/08/26 18:13


日本女子プロゴルフ協会は26日、東京都内のホテルで9月12日開幕の国内女子メジャーの今季第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(兵庫県三木市・チェリーヒルズゴルフクラブ)の実施概要を発表。小林浩美会長は「年間グランドスラムの一番手として記録的にも注目度がある」と、5月のメジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」を制した渋野日向子の名前を挙げた。

今季女子ツアーはここまで25戦を終え、1998年から99年生まれの、いわゆる「黄金世代」6人が優勝。小林会長は「そのなかで、8月に渋野さんが全英女子オープンで優勝するという素晴らしい偉業を達成され、女子ツアーはさらに爆発的な人気となっている」とここまでを振り返り、「ギャラリーは昨年から15%増」と活況を呈する現状を報告した。

メジャーを制した渋野の国内凱旋2試合は、ギャラリー数やテレビ視聴率も跳ね上がるなど、渋野フィーバーで沸いた。その流れで迎える今季メジャー第2戦だが、前売り券はすでに完売している。

原田香里大会実行委員長によると、渋野が全英女子オープンを制する以前に予定枚数の4万8000枚に達しており、「(同大会で)売り切れたのは初めて」という。2014年大会(美奈木ゴルフ倶楽部)以来、5年ぶりの兵庫県での開催に、渋野人気も重なり、「追加の前売りはないが、当日券は準備しないといけないと思っている」と対策を検討する予定だ。

また、渋野フィーバーを受けてのギャラリー対策として、小林会長は「ギャラリー数に見合った施設数は必須。そこはしっかりやりたい。今週の大会(渋野出場の「ニトリレディス」)で、スコアによって人がどう出入りするかをみたい」と参考にする考え。広報体制は人数を増やすことを決めており、「運営側と連携してできる限りの対応はしていきたい」と述べた。

大会には、米ツアーが主戦場の畑岡奈紗が帰国参戦するほか、一昨年から設定されたアジア枠でフォン・シャンシャン(中国)、朴仁妃(韓国)もエントリーしている。(編集部・清野邦彦)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。