ニュース

国内女子北海道meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】渋野日向子は前半に2つスコアを落とす 首位と8打差で後半へ

2019/08/11 11:39


◇国内女子◇北海道meijiカップ 最終日(11日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6531yd(パー72)

首位と5打差の4アンダーで出た渋野日向子は前半を2バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「38」(パー36)と出入り激しく、通算2アンダーにスコアを落として後半に入った。

<< 下に続く >>

10アンダーとして首位に立つテレサ・ルー(8ホール終了)、アン・ソンジュ(7ホール終了)、ペ・ソンウ(同)とは8打差となった。

2打目をグリーン奥の斜面下に落とした4番で、アプローチをミスして4オン2パットのダブルボギーを喫した。

5番でピン2mにつけてバーディ。7番(パー3)でグリーン奥からのアプローチがショートし、ボギーとした。8番でチップインバーディを奪ったが、9番(パー5)で5オン1パットのボギーをたたいた。

午前10時現在で、5881人のギャラリーが詰めかけた。

【速報】 渋野日向子は連続パーでスタート 子どもたちのエスコートで登場

◇国内女子◇北海道meijiカップ 最終日(11日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6531yd(パー72)

「AIG全英女子オープン」制覇からの凱旋出場となる渋野日向子は首位と5打差の9位からスタート。濱田茉優稲見萌寧と同組で午前9時20分からアウトコースからティオフした。

出だし1番は多くのギャラリーに見守られながら、子どもたちにエスコートされて入場。ティショットをフェアウェイにおき、2オンさせると右8mから2パットでパー発進とした。続く2番(パー3)でも7mから2パットでパーとした。

渋野は午前7時55分からパッティング練習を始め、同8時40分までアプローチ、ショットと調整を続けた。

通算9アンダー首位には午前9時40分にスタートしたペ・ソンウ(韓国)が立っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 北海道meijiカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!