ニュース

国内女子大東建託・いい部屋ネットレディスの最新ゴルフニュースをお届け

成田美寿々が逆転V 東京五輪にかける思いとは

2019/08/04 19:17


◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日(4日)◇鳴沢GC(山梨県)◇6605yd(パー72)

26歳の成田美寿々が「久しぶりに手が震えました」と緊張した表情を見せたのは最終18番(パー5)のグリーン上。外せば通算10アンダーで終えた有村智恵らとのプレーオフへ。1mのパーパットはカップをなめて入り、「かなりヒヤッとしました」と心境を語った。

2打差3位から出た成田美寿々は5バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、4月「ヤマハレディースオープン葛城」以来の今季2勝目を飾った。ツアー通算13勝中、4日間競技は7勝と改めて粘り強さも見せつけた。

2020年東京五輪まで1年を切った。「私にとってオリンピックはスポーツの頂点。私の中では重きを置いている」。五輪に出場するためには原則として、世界ランクで日本勢2番手以内になる必要がある。現時点で最上位はランク9位の畑岡奈紗、2番手は26位の鈴木愛。成田は9番手の72位につける。

小学6年だった2004年アテネ五輪では金メダルを獲った水泳の北島康介選手や、ソフトボールの上野由岐子選手の活躍に胸を熱くした。「スポーツが大好きで、オリンピック選手、スポーツ選手になりたかった。ジュニアの時に日の丸を背負えなかったコンプレックスもある」と胸の内を明かした。

メンバー入りを目指し、シーズン前に立てた今季の目標が5勝。出場権を獲得して次世代の子供たちに夢を与えたい。(山梨県鳴沢村/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 大東建託・いい部屋ネットレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!