ニュース

国内女子大東建託・いい部屋ネットレディスの最新ゴルフニュースをお届け

大西葵は清水重憲キャディ起用で6連続バーディ

2019/08/01 19:25


◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 初日(1日)◇鳴沢GC(山梨県)◇6605yd(パー72)

大西葵が6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。5アンダー、暫定首位タイで初日を終えた。インから出て16番から、後半3番(パー5)まで6連続バーディを奪った。「これまで3連続とかはあったけど、プライベートでも6連続は最多」と喜んだ。

<< 下に続く >>

今週は、イ・ボミ(韓国)と過去6シーズンにわたってコンビを組んでいた、清水重憲キャディと初めてタッグを組んだ。「もっと厳しめかと思っていたけど、安全にという感じ。私はウェッジから9番アイアンまで、ピンから2、3mに乗せたいと思うんですけど、『両幅5mでいい』と言ってくれて、楽に出来ます」とリラックスしてプレーした。

前半13番でボギーをたたくと、グリーン奥、段の上にカップが切られた14番(パー5)では攻める気持ちがうずいた。ラフからの3打目をピンと同じ段にキャリーするつもりだったが、清水キャディから「奥何ヤードしかないのに、手前からパターでいいじゃん」と諭され、結局手前に乗せて3オン2パットでパーセーブ。「結果的に良かった」と振り返った。

4月の「KKT杯バンテリンレディスオープン」は初日を2位で終え、2日目にトップに立ったが、最終日に「80」をたたき、42位で終えた。「バンテリンは最初に『ここはスプーンで打つ』と決めていたマネジメントを無視して、1Wに替えてOBをした」。

失敗を教訓に「今週は迷ったときは安全な方を選びます。何が何でも『ここはこれで行く』と決めたら、いけそうでもいかない」とマネジメントを徹底する。 (山梨県鳴沢村/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 大東建託・いい部屋ネットレディス




特集SPECIAL

松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!