ニュース

国内女子センチュリー21レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

10代最後の日に初V 稲見萌寧「最高の誕生日プレゼント」

2019/07/28 18:25


◇国内女子◇センチュリー21レディスゴルフトーナメント 最終日(28日)◇石坂GC(埼玉)◇6470yd(パー72)

最終18番(パー4)で3mのウィニングパットを決め、稲見萌寧がツアー初優勝。あす29日に20歳の誕生日を迎えるが「こみ上げてくるものがありました。こんな最高の誕生日プレゼントはないですね」。大歓声とともに右腕を空へと高く突き上げ、うれし涙をみせた。

<< 下に続く >>

昨年7月のプロテストでは、カットライン上の20位で合格。祖父・昭(あきら)さんも喜んでいたが、同年11月に胃がんにより69歳で他界した。誰よりも初優勝を待ち望んでいた天国の恩人に最高の結果を届けてみせた。

同年11月の予選会(QT)はランク103位と今季の出場は限定的だった。それでも41歳の父・了(さとる)さんは「子供の頃はインフルエンザになっても練習を休まなかった」。オフシーズンは同年12月から師事したコーチの奥嶋誠昭(おくしま・ともあき)さんのもと徹底的に鍛え直した。

稲見は「賞金ランクで自分より上の人がいるのに、休んでいる場合じゃない。持ち味だったショットが崩れていたので、コーチからは『切り返しの時に下半身を使え』と。ショットからメンタルまで全て教えてもらいました」。今年6月の「アース・モンダミンカップ」終了後に行われた第1回リランキング(出場優先順の入れ替え)で14位に入り、以降の出場権を得た。

10代最後の日に臨んだ初めての優勝会見。米ツアーについては「挑戦してみたい気持ちはあるけど、日本でずっと一番を獲れるようになってから考えることかな」と表情を引き締めた。今季11試合でトップ10は6度と着実に力をつけてきたが、まずは冷静に2勝目を目指す。(埼玉県鳩山町/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 センチュリー21レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!