ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

星野陸也「借りは返すぜ」意地のチップインバーディ締め

2019/05/24 20:37


◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 2日目(24日)◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043yd(パー72)

4位スタートの星野陸也が意地の一発で首位戦線に踏みとどまった。1打差を追った第2ラウンドを6バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「69」とし、通算8アンダーの5位タイ。首位のリュー・ヒョヌ(韓国)に3打差で決勝ラウンドへ向かう。

最終9番(パー4)、グリーン手前エッジからの3打目。残り15ydからチップインバーディを決めて心の中で歓喜の声を挙げた。「借りを返してやったぜ!」。

この日前半11番(パー4)で、ラフからの2打目がグリーン手前の花道に止まり、3打目のアプローチで52度のウェッジを使った。「順目じゃないことを考えずに、ハーフトップした」とボールはピンそばを通り過ぎてグリーン奥のエッジへ。約10ydの4打目も同じく52度で打ったが、「今度はチャックリして」寄せきれず、4オン2パットのダブルボギー。「久々の凡ミスで、一番ダメなダボ。悪くてもボギーにしなきゃいけなかった」と振り返った。

そして、最後に巡ってきたのが最終ホールでのアプローチの場面だった。若武者は迷わず52度のウェッジを手に取り、ジャストタッチで直接カップに沈めた。「普通だったら怖くて打てないかもしれないけど、自分は逆にやりきれちゃうんです」と言ってのけ、最高の一打でそれまでの悪いイメージを払拭してみせた。

スタート時より首位との差は開いたが、「3打差なら、まだ大丈夫。ちょうどいい位置じゃないですか?」とサラリ。怖いもの知らずの23歳は、言葉もプレーも実にたくましい。(奈良県奈良市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。