ニュース

国内男子Hitachi 3Tours Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は前半0ptに悔い 賞金王とのタッグは不発

◇国内ツアー対抗戦◇Hitachi 3Tours Championship(9日)◇グリッサンドゴルフクラブ(千葉県)◇3658yd(JGTO)、3380yd(PGA)、3113yd(LPGA)=9ホール(パー37)

7年ぶりに国内3ツアーの対抗戦に出場した石川遼は、午前・午後の2ステージとも賞金王の今平周吾とタッグを組んでプレー。いずれも9ホールで争うフォアボールは組3位(0pt)、フォアサムは組2位(2pt)に終わり、国内男子(JGTO)チームも3位で大会3連覇を逃がした。

ギャラリーは3年ぶりに前年比増となる4138人が来場。その多くが石川組に続く中、前半のフォアボール(それぞれのボールでプレーして良い方のスコアを記録)では女子(LPGA)とシニア(PAG)に後れをとった。例年、華やかな雰囲気に包まれるチャリティイベントながら「お祭りの感じというよりは真剣勝負。けっこう緊張した」という石川。最初の1番(パー5)では1.5m、5番でも2mのチャンスを外し、流れを呼び込めない。それでも9ホールで3バーディを奪ったが、パートナーの今平がバーディなしのブレーキ。チームとしてスコアを伸ばしきれなかった。

午後のフォアサム(ひとつのボールを交互に打ったスコアを記録)に入ると、「お互いに良いゴルフができていた」とようやく噛み合い、前半と同じ3バーディ、ボギーなしでホールアウト。それでもMVPを受賞したプラヤド・マークセン(タイ)と米山剛が組むPGAに敗れ、トータル2ptの加算にとどまり終了。「前半に伸び悩んだところが悔やまれますね。周吾も悔しそうだった」と、表情を曇らせた。

今大会は男女や年齢による飛距離のハンデをなくすため、3ツアーがホールごとに異なるティグラウンドから1打目を打つ。2連覇中だったJGTOの3658ydは昨年から変わらないが、6年ぶりに優勝したPGAは116yd、2位のLPGAは93yd、それぞれトータル距離が短縮された。

「でも、こういう厳しいセッティングの中でもJGTOは勝たないといけないと思う。選手の成長のためにも、厳しめのセッティングでやりたいと僕は思います」。選手会長の目線で、来年のタイトル奪還に意欲を燃やした。(千葉県成田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 Hitachi 3Tours Championship




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。