ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

賞金王の今平周吾「できれば海外に」/一問一答

2018/12/02 17:22


◇国内男子メジャー◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日(2日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

2018年シーズンの最終戦が終了し、今季1億3911万9332円を稼いだ今平周吾が初めての賞金王に輝いた。26歳61日での達成は、ツアー史上5番目の年少記録。日本人では石川遼(18歳80日)、松山英樹(21歳286日)に次いで3番目となった。会見の一問一答は次の通り。

―今の気持ちは
賞金王に獲れたことはすごくうれしいです。世界ランキングのこともあるので(最終戦で)優勝して50位以内に入れれば一番良かったですけど。それができず悔しい部分はあります。

―達成感は
まだ実感はないですね。うれしさはまだあまり感じないですけど、日が経てばだんだん感じてくると思います。実力がまだまだのところがあるので、賞金王にふさわしい選手になれるように、これからも頑張っていきたいです。

―来年から気持ち的に変わるものはある?
プレッシャーになることはないと思うけど、自信にはなったと思います。

―5年シードを獲得した
来年から海外の試合に出られるチャンスがあると思うので、できれば海外に行きたい気持ちはあります。

―今季は20代の活躍が目覚ましかったが
年下の選手も増えてきているので、負けないようにしたい

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。