ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最新ゴルフニュースをお届け

惜敗にも収穫あり 片岡大育は今季初のトップ3

2018/11/04 19:41


◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日(4日)◇PGMゴルフリゾート沖縄 (沖縄)◇7270yd(パー72)

首位と3打差の4位タイから出た片岡大育は6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。通算13アンダー2位で終え、惜しくもツアー通算4勝目はならなかった。

後半11番のバーディで、1つ後ろの最終組で回る首位のショーン・ノリス(南アフリカ)をとらえ、最終18番(パー5)をバーディで締めて1打リードした。歓声に右手を挙げて応え、ノリスのプレーをテレビで見守った。ノリスが6mのイーグルパットを沈めて逆転されると、「しょうがない、ナイスイーグル」と勝者のプレーを潔くたたえた。

「自分はやることはやったかなという感じです」。9番では10mのバーディパットを沈め、強風が吹き抜けた前半に2つの貯金を作れたことを評価した。「ああいうのが入ってくれると優勝争いをしているときは心も楽ですし、本当にうれしいバーディでした」。

「このコースはほんとに難しいので凡ミスしないように完全集中でやりました」と警戒を深めた後半では、「終盤で優勝を意識した」という。「16番のパー3(213yd)も難しいと思っていましたけど、本当にいい球が打てましたし、17番、18番もピンチでしたけどうまくしのげました」と振り返る。バーディで締めた18番は、パーなら敗北必至のピンチを乗り越えた、という意味合いだろう。

敗れはしたが、今季初めてのトップ3フィニッシュ。久しぶりの優勝争いに、「実際に優勝争いができたことで、本当に調子が悪くないことを確認できた」と収穫もあった。「1位と2位では大きな差があるのはわかっているので、今度は勝って応援してくれている方々に恩返しがしたい」と前を向く。

片岡のエースキャディといえば長年コンビを組む伊能恵子さんで知られるが、今週は風邪をこじらせて休養中。「今週担いでくれた優花ちゃんも、横で静かに見守ってくれました。僕も愛想があまり良くなかったかもしれませんけど、よく我慢してくれて、いい仕事をしてくれて、支えになりました」と代わりにバッグを担ぐことになった19歳でハウスキャディの志村優花さんにも感謝した。(沖縄県恩納村/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。