ニュース

国内男子トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

小平智は再び米ツアーへ「帰ってきてパッと優勝できる選手に」

2018/09/30 15:26


◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 最終日(30日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7330yd(パー72)

小平智は約2カ月ぶりの日本ツアーを17位タイで終えた。3アンダー29位タイから出た最終ラウンドを6バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算7アンダー。本格参戦2年目となる米ツアーの新シーズンに備えた。

<< 下に続く >>

台風対策でティオフ時刻が早められ、小平は午前6時50分にトップの組でスタート。前半アウトを2バーディ、2ボギーで折り返した後、インコースで火が付いた。5Iでピンそば1.5mにつけた13番(パー3)から3連続バーディ。最終18番では10mのバーディパットを見事に沈め、パターを雨雲に掲げた。

9月初旬の米ツアープレーオフ第2戦「デルテクノロジーズ選手権」以来の実戦となった。「(オフの間に)ゴルフをしていなかった分、最初はちぐはぐした。徐々に良い感じに回れて、良い調整になった。初日は緊張したけど、試合勘は多少戻った」という。

PGAツアーの2018―19年シーズンは次週開幕。マレーシアで行われる第2戦「CIMBクラシック」から出場する。11月末には谷原秀人と豪州で「ISPSハンダ メルボルン ワールドカップ」に参戦。日本ツアーの次回出場試合は未定で、今大会が今年最後となる可能性もある。

来季以降も母国での試合はスポット参戦にするつもり。「(日本に)帰ってきてパッと優勝できるような選手になりたい。もっとレベルアップして調整して試合に出たいです」。これから、もっと成長した姿を見せる。(愛知県みよし市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!