ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は得意な“秋口”と“逃げ切り”で節目の20勝目へ

2018/09/22 19:24


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 3日目(22日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

2位から出たツアー通算19勝の池田勇太は、前日に続く「66」をマーク。通算12アンダーで単独首位に浮上した。秋口に強く、後続をリードする得意な形に持ち込んだ。節目の20勝目を挙げると、1973年のツアー制度施行後、3番目の年少記録(32歳275日目)になる。

最終組のムービングデーは、我慢の末の好スコアだった。出だし1番をバーディとした後、10ホールでパーを続けた。その間、6番(パー5)には稲森佑貴の3打目が直接カップインするイーグル、9番(パー3)は岩田寛のホールインワンを真横で見せつけられ、「俺の運が全部そっちにいっていると思ったよ」と苦笑いで耐えた。

2打目をOKにつけた後半12番に2つ目のバーディを獲ると、「何かを変えたわけではない。流れが悪いなという中できっかけになったね」。続く13番には7mを決め、「地道に重ねていったよ」と4連続バーディにつなげ、単独首位に躍り出た。

池田は積み重ねた19勝のうち12勝を9月以降に挙げてきた。「その時期に試合が続くからじゃないですか」と言うが、最終ラウンドを首位で迎えたときの勝率は約70%(11/16)。今大会と同じく単独首位に限ると80%以上(10/12)と逃げ切りは、決して苦手な形ではない。

節目の勝利を意識することなく、「目の前に勝つということだけを考えている」と集中力は高い。1打後方にいる昨年の韓国ナショナルオープン王者のチャン・イクン(韓国)らの追い上げを受けて立つ。(埼玉県狭山市/林洋平)

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~