ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

341ydのビッグドライブも 星野陸也「もうちょっと伸ばせそうだった」

2018/08/30 19:08


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 初日(30日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

22歳の星野陸也が5バーディ、2ボギーの「68」でプレー。3アンダーとして単独首位発進を決めた。昨年の最終日に2イーグルを含むラウンドで、5アンダー「66」をマークし「いいイメージがあった」。13番(パー3)では15mのパットを沈めきると、14番、15番(パー5)にかけて3連続バーディとした。

「ショットが良かった」。ヘッドスピード53m/sのドライバーショットは何度もフェアウェイをとらえた。難関ホールの5番(535ydのパー4)ではティショットの飛距離が120人中6位の341ydを記録した。

一方、平均パットは「1.6923」の28位でグリーン上を課題とした。前週は福岡・芥屋GCの高麗グリーンに苦戦し予選落ちした。この日も「1mくらいを3回外してしまった」と3パットを2つたたいた。「スコアは良かったけど、もったいないのが多かった。もうちょっと伸ばせそうだな、という感じの3アンダーでした」と反省する。

今年は6月の「全米オープン」で海外メジャーに初出場。予選落ちに終わったものの、ショートアイアンの精度、ウェッジのバウンスの使い方、クラブセッティングに至るまで様々なことを吸収したという。「メジャーの舞台はフェアウェイが固い、腰にくる」。186センチで痩せやすい体質だが、一時69キロまで減った体重を「プロテインを飲んだり、食べたくないときでも食べて」76kgまで戻した。

難しいコースほど燃えてくるといい、「スコアの出ないコースでいかに出すかを考えるのが楽しい」と頼もしい表情を見せた。(山梨県富士河口湖町/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。