ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

惜敗した舞台で メジャーで光る稲森佑貴の強み

2018/05/11 18:40


◇国内メジャー◇日本プロ選手権 2日目(11日)◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)◇7324yd(パー72)

ツアー未勝利で23歳の稲森佑貴が4バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算4アンダーの2位タイに浮上した。この日のアンダーパーは14人という厳しいピンポジションの中で伸ばし、「ぼくは難コースにいじめられる方が好きなんで」と振り返った。

優勝すると5年シードが付与されるメジャー大会。稲森は「いまは多くの選手が海外に行っている。もちろんPGAツアーは憧れだし、欧州やアジアンなど海外も経験してみたい。だから、5年シードはすごく魅力」と話す。

房総CCには苦い思い出がある。下部ツアーを主戦場にしていた2013年。同コースで行った「PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総」の最終日を単独首位で迎えたが、2打のリードを守り切れず逆転を許した。プロ初優勝を逃したシーンの記憶は、いまも鮮明だという。「悔しい思いをしたし、思い出の詰まったコース。ここでメジャーをやるって聞いたときは『おお、房総か』ってなった」。

メジャーの会場に選ばれた今週は、ティグラウンドを新設するなど、当時より距離が200yd以上長くなった。「(下部ツアー3日間で)優勝スコアは15アンダーだったけど、今回は上位が伸ばせていない」と難度の違いを強調し、しのぎ合う展開を歓迎した。

「まったく飛ばなかった」当時から飛距離は30ydほど伸びた。15年から3季連続フェアウェイキープ率1位の正確性は、今季もトップを走るなど健在だ。「フェアウェイから打たないとグリーンは止まらない。ほかの選手が苦労すると、僕にチャンスがでてくる」と自信をのぞかせた。(千葉県睦沢町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本プロゴルフ選手権大会

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。