ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

星野“リッキー”初めてのハーフ2イーグルで首位発進

2018/04/19 19:11


◇国内男子&アジア共同主管◇パナソニックオープン選手権 初日(19日)◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(大阪)◇7343yd(パー71)

プロ3年目、21歳の星野陸也が7アンダーで首位発進。前半9ホールで2イーグルを記録するなど、持ち味の豪快なゴルフが炸裂した。

10番から出て、最初のイーグルは13番(パー5)。ティショットはプッシュして右の林の中に入ったが、3Iで木の間を通して30センチにぴたり。18番(パー5)では4Iでドローをかけて、これまた1.5mにぴたりと運んだ。「1ラウンド2イーグルはあるけど、ハーフでは初めてです」。

11番で8m、16番で10mと長いバーディパットも沈めて、前半だけで5アンダー。折り返し後の1番、2番を連続バーディとして、その後はパーを重ねたが「(後半で)ボギーを打たなかったので良かった」と、満足げな笑顔でこの日のラウンドを振り返った。

身長186センチ。だが、最近「10人くらいに『背が伸びたね』って言われた」と笑う。身長は計測していないものの、体重は計画的に増量中でいまは74キロほど。「1年で3、4キロぐらいずつ。それ以上増えて膝などに負担になったら大変なので、いまは良い感じに来ています」と、それに伴う飛距離の伸びも感じている。

2年前。プロ転向後2試合目に、この本コースで行われた「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」でも上位にからんだ。「難しいコースが好き。自分の力を試してみたいという気持ちがあるので楽しい」と挑戦意欲を刺激される。

ツアー仲間からは陸也をもじって“リッキー”と称される。「まずは1勝」というのが今年の目標。秘めたポテンシャルは誰もが認める期待の星。そろそろ結果へとつなげたい。(大阪府茨木市/今岡涼太)

関連リンク

2018年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~