ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

賞金上位者は上々の滑り出し 宮里優作「乗り遅れないように」

2017/11/09 16:53


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日(9日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

賞金ランキング4位の小平智が9アンダーのロケットスタートを決めた初日、同じくマネーレースを引っ張る上位陣もまずまずの滑り出しを見せた。3打差の6アンダー5位タイに宮里優作(賞金ランク3位)。5アンダー9位タイに(同1位)チャン・キム、4アンダー16位タイに池田勇太(同2位)がつけた。

<< 下に続く >>

宮里は開始2ホール目の11番(パー5)で、イーグルを決めた。「13番(パー3)がもったいなかった。勢いを止めてしまった」と、13番での3パットボギーを悔やんだ後、バーディを5つ重ねて挽回。「ティショットがかなり安定していたので、落ち着いてゴルフができた。調子が良い選手はこのコースでは好スコアが出る。順位で乗り遅れないように、トップ10で初日を終わりたいと思っていた」と狙い通りの上位発進を決めた。

同組でプレーした池田は10番から2連続バーディを決めながら、その後は本人の予測通りグリーン上で苦しんだ。「前半だけで1mくらいのバーディパットを3回外した。全部で8つくらいチャンスを外しちゃいましたね」。ハウスキャディの力を借りても、なかなか思うようにいかず、「入らないものは仕方がない」と、あっけらかんとしたもの。その分、「ショットはいい。これ以上はチャンスにつかないくらい」という手ごたえも引き続き感じている。

後続に約1300万円差をつけてレースのトップを走るチャン・キム(米国)は、初めて出場した今大会で「67」をマークした。

「パットミスが何回かあったけれど、良いショットが多かった」と、前週「平和PGMゴルフ」で今季3勝目を挙げた勢いを持続。賞金王のタイトルを目前にしても、「もちろん嬉しいことだけど、僕の今年の目標はランキングで30位に入って、(最終戦の)日本シリーズJTカップに行くことだったから」と重圧はなさそう。「天候にもよるけれど、同じようなコンディションであれば、2日目を終えて通算10アンダーくらいにはいければ」と、静かに意気込んだ。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!