ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

シード落ちの危機 川村昌弘が御殿場で優勝争いを目指す理由

2017/11/09 18:32


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日(9日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

日本、アジア、欧州。3ツアーのシード権保持に黄信号が灯る川村昌弘が8バーディ、2ボギーの「66」で回り、6アンダーの5位タイで滑り出した。今季国内ツアーでのトップ10入りはいまだゼロ。復調の兆しをつかんで迎えた今大会はシーズン終盤戦の身の振り方を左右する大一番だ。

秋晴れの陽光に照らされて、川村が上位争いに顔を出した。後半3番(パー5)までに5つのバーディをマークして勢いづき、今季初のひとケタ順位でのスタートに「久しぶりですよ」と納得の笑顔。「やっぱり“飛ぶ”って大事ですね。今年は振れているし、マインドも“振りちぎってやろう”というようになってきたので、コースが短く感じる。(2打目のクラブが)いつもと4番手くらい違う」。クラブは替えずに、アグレッシブにティショットから攻めの姿勢を保って、コースと向き合った。

現在、日本ツアーの賞金ランキングは78位。掛け持ちするアジアンツアーは85位と、いずれも来季のシード獲得圏外にいる(日本は60位までがフルシード、61位から75位までに前半戦の限定的な出場権が付与。アジアンツアーは60位まで)。

世界のあらゆる土地に出向き、海外でのプレーを好む川村にとってはまさに正念場。次週、宮崎での「ダンロップフェニックス」を終えた後、その翌週はアジアと欧州の共催競技「UBS香港オープン」に出場する意向を持っているが、今大会終了後の13日(月)、エントリー締め切りまでには、香港か、同週の日本ツアー「カシオワールドオープン」に出るかを決めなければならない。

「香港はチャンスのある試合なんです。(会場の香港GCは)ロングヒッターもティショットでクリークの手前なんかに刻まされるホールが多いので、同じような距離でセカンドショットを打つ。チャンスがあるので出たいんです」。

今週、御殿場で来季の日本ツアーのシードを確定させて、2週後に再び海を渡るのが理想のプラン。「優勝争いをしたい。手ごたえも、ここ1カ月くらいはある。思い切りやれればいい。こういう面白い位置で、最後までいたいですね」。若き旅人ゴルファーは、多くの選手とはまた異なるモチベーションでも戦っている。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!