ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉がプロアマ戦でアルバトロス「勝てば賞金王争いに」

2017/11/08 17:48


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報(8日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

開幕前日にビッグプレーが飛び出した。片山晋呉が3番(パー5)でアルバトロスを達成。「人生で3回目」という一打で、石田純一さんらと回ったプロアマ戦を盛り上げた。

<< 下に続く >>

富士山を右サイドに望むパー5。片山は5Wで第2打を放つと、グリーン周りで響いた歓声でアルバトロスを知った。

長いキャリアで初めて記録した2009年の「KBCオーガスタ」から数えて、プライベートラウンドも含めて3回目。「ホールインワンは2回しかないんだよね」という。一般的に、ホールインワンの出る確率は、中上級者のアマチュアで2000ラウンドに1回、プロで900ラウンドに1回。アルバトロスはホールインワンよりも数百倍難しいといわれている(三井住友海上・代理店ウェブサイトによる)。一般的な確率論が逆転しているのは、トッププロならではの事象かもしれない。

シーズン4試合を残して、賞金ランキングは6位。トップのチャン・キム(米国)とは約5430万円の差があるが、優勝賞金4000万円の試合が続くとあって賞金タイトルへの意欲は尽きない。御殿場では過去2回(2008&15年)優勝した経験があり、今年は“45(シンゴ)回目”の開催とあって、期すものもある。

「9月に入ってから良い感じで来ている。ここか、来週(ダンロップフェニックス)で勝てば、賞金王争いをする権利をもらえると思う。いまはそういう中にいることが幸せ」。通算5回のマネーキングが争いに割って入れば、最上位の選手にとって怖い存在に違いない。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!