ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が初のコース監修 太平洋クラブ御殿場コース全面改修へ

2017/11/07 19:39


9日開幕の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の開催地・太平洋クラブ御殿場コース(静岡県御殿場市)は7日、松山英樹の監修で同コースを全面改修すると発表した。松山がコース設計に携わるのは初めて。工期は2018年1~10月の予定で、来シーズンの大会は改修後のコースで開催する。

全面改修の設計はバルタスロールGCやコングレッショナルCCなど近年数多くのメジャー開催コース改修を手がけたリース・ジョーンズ氏が担当。2011年と16年に今大会を制し、米PGAツアーで通算5勝を挙げている松山は、プロの視点でより高い戦略性を目指し、難易度を上げつつトーナメントの質を高める立場から監修を務めるという。

松山はこの発表にあたって、コースを通じて「米ツアーで数多くの著名なコースにてトップ選手と凌ぎを削る間に、憧れのオーガスタや、メジャーを開催するコースに準ずるトーナメントコースが母国日本にあれば、また、どうしたら日本のコースセッティングを世界レベルへ引き上げることができるのかという想いが強くなってまいりました」とコメントし、監修を引き受けた動機を説明。「これまで私が世界のトーナメントコースでプレーした経験が少しでもお役に立てれば光栄です。世界レベルになった太平洋クラブ御殿場コースが改めて海外からも評価されるよう、私も適宜情報発信してまいりたいと思います」とした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。