ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップの最新ゴルフニュースをお届け

主戦場はフィリピンツアー?33歳・中島徹が異国で戦う理由

2017/09/22 18:28


◇国内男子◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 2日目(22日)◇カレドニアン・ゴルフクラブ (千葉)◇7100yd(パー71)

ツアー未勝利の33歳が気を吐いた。39位スタートの中島徹が1イーグル、7バーディ、4ボギーの「66」でプレーし、通算6アンダーの5位タイに浮上。QT16位で出場する今季は、賞金ランキング69位と初シード到達(上位75人)の当落線上にいる。「去年のQT(の苦労)を思うと・・・中々思い切ってやれない」という不安を抱えるだけに、賞金総額1億5000万円の高額大会はいっそう気合が入る。

<< 下に続く >>

2007年末のプロ転向から下部ツアーが主戦場。ツアー出場に恵まれなかった13年からは、フィリピンのプロツアーに戦いの場を求めた。プロ入り前から、メンバーコースを持つゴルフ好きの父親と何回も海を渡った馴染み深い国。1年目の13年に初優勝を飾るなど早くからツアーに定着し、毎年8試合ほどのペースで出場する異国でのプレーは今年で5年目になる。使用コースはメンテナンスが行き届いており、プレー環境はしっかり整えられているという。

3年前に結婚した日本人の妻と巡り合ったのもフィリピン。今は都内に自宅を構えるが、フィリピンツアー出場のときは1歳7カ月の長女・花ちゃんも連れ添い、家族で転戦をともにする。昨シーズンは賞金ランキング11位の好成績で終えたが、獲得賞金は約79万ペソ(174万円)とかなり少額。それでも物価の安いフィリピンでは、「エントリーフィとプレーフィを入れても7000円くらい。キャディフィも1500円から2000円なので、経費はそれほどかからない」という。

もちろん家族を養うだけの稼ぎは必要だが、年に何回も海を渡る理由はそこではない。「大事なのは、場所はどこであれ4日間ゴルフをし続けること。もう33歳だし、残り時間を考えたら、毎回しっかりと試合に出てトレーニングし続けないといけない」。2週間前のオープンウィークにもフィリピンへ飛び、週末に3日間の合宿を組んだ。

「僕にとってはフィリピンがホーム。そこで作り上げたものを、日本ツアーなどに合わせていく感覚です」。その成果が、表舞台でいよいよ現われはじめてきた。(千葉県横芝光町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!