ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップの最新ゴルフニュースをお届け

高山忠洋が6打差トップの独走状態 2位に今平ら

2017/09/22 17:46


◇国内男子◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 2日目(22日)◇カレドニアン・ゴルフクラブ (千葉)◇7100yd(パー71)

2打差の首位で出た高山忠洋は5バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし、通算14アンダーでトップを保った。今季初優勝に向けて、後続に6打差をつける独走状態を築いた。

「ピン位置が難しかった」というシビアなロケーションを無傷のノーボギーで完走。最大のピンチだった後半1番では、2.5mのパーパットをねじ込んだ。前週までの平均パット数は「29.67」で全体87位と低迷していたが、8月にそれまで2カ月ほど使用していたマレット型からエースのブレード型(オデッセイ ホワイトホット#6)に戻し、「フィーリングが良くなった」と復調につなげた。

2011年「カシオワールドオープン」以来の通算6勝目に向けて後続を突き放したが、「ショットは完璧じゃないし、貯金があっても不安は不安。リセットして臨みたい」と慎重な構えを崩さなかった。

2位に今平周吾プーム・サクサンシン(タイ)、ジェイビー・クルーガー(南アフリカ)の3人がつけた。

賞金ランク2位の宮里優作は通算2アンダーの31位。開催地の千葉県出身で前週の日本ツアー「ANAオープン」で今季2勝目を挙げた池田勇太は通算1アンダーの40位になった。

片山晋呉は15番でのスコアの過少申告により失格になった。

今季4試合目となったがアジアンツアーとの共同主管競技は、優勝者に日本とアジアン両ツアーのシード権が付与される。

<主な成績>
1/-14/高山忠洋
2T/-8/今平周吾プーム・サクサンシンジェイビー・クルーガー
5T/-7/大堀裕次郎中島徹片岡大育ソン・ヨンハン ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。