ニュース

国内男子ネスレマッチプレーレクサス杯の最新ゴルフニュースをお届け

恒例の若手挑戦に「大変です」 大会ホストの片山晋呉は2回戦へ

2017/08/17 17:43


◇国内男子(ツアー外競技)◇ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 初日(17日)◇恵庭CC(北海道)◇6903yd(パー72)

第1組からスタートした大会ホストの片山晋呉が、初出場の小鯛竜也に1UPで勝利した。最終18番ではピン奥から10mのバーディパットをねじ込んで接戦を制し、2年ぶりとなる2回戦進出を決めた。

例年、1回戦で勢いのある若手の挑戦を受けてきたホストプロ。「いつもすごい気合いでぶつかってくるので大変」という対決では、過去にも苦戦を強いられてきた。初年度の2014年は、当時ツアールーキーの大堀裕次郎に2Downで敗北。15年は浅地洋佑を1UPで退けたが、最終18番までもつれる厳しい戦いだった。

今年初戦も、活きのいい27歳とのマッチが組まれた。3週間前の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で6位に入り、初のトップ10入りを決めた小鯛。前半4ホールまでに2UPとリードしながらも8番でイーブンに戻されて、以降は一進一退の展開に。その中でも、「一回もアップを許さなかった」と常に主導権を握り続け、しつこく食らいつく相手を振り切った。

若手への厚い“壁”になる存在として、「まだ、どかない感じは出てきている。それはそれで楽しみですよ」と不敵に笑った永久シードプレーヤー。続く2回戦は、同じ27歳でツアー通算4勝の小平智の挑戦を受ける。(北海道千歳市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ネスレマッチプレーレクサス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!