ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/19〜01/22 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

対照的な2人 小平「これからにつながる」谷原「すべてイマイチ」

◇国内男子◇SMBCシンガポールオープン 最終日(22日)◇セントーサGCセラポンC(シンガポール)◇7398yd(パー71)

最終ラウンドを首位と2打差でスタートした小平智谷原秀人。小平は「71」で通算7アンダー、谷原は「72」とスコアを落とし通算6アンダーへ後退。それぞれ6位タイ、9位タイでフィニッシュし、今季の開幕戦制覇はならなかった。

「残念だけど、1日を通してそんなに悪いゴルフはしていない。良いパーセーブもできていた」と小平は言う。風が吹き抜ける海峡沿いの5番では、アプローチを3mにつけてパーセーブ。続く6番は「フォローが横風より強かった」と、2打目がグリーン右奧のハザード内まで飛んで「びっくりした」という状況。だが“カチッ!”という小石がかんだ音とともに4mに寄せると、このパーパットもしぶとく沈めた。

「いままでの自分だったら簡単にボギー、ダボにしていたと思う。冷静にできたし、成長を感じられた」とうなずいた。「少しかみ合わない部分もあったけど、そういうところを試合勘で補えば、おのずと上に行けると思う」と、収穫多い一週間に前を向く。「良いフィニッシュだったので、これからのゴルフにつながっていくと思う」。

一方の谷原は「このバーディ数じゃ無理でしょう。(第3ラウンドの残りと合わせて)21ホールを回って1つじゃ悲しい」と自嘲した。「グリーンが攻略できなかった。入ったかなと思って打っているのに決まらない。力がないです」とうなだれた。

「すべてに関してイマイチ。ハワイもそうだし、ここもそう」。次週のミャンマーを経て、「マスターズ」出場となる世界ランク50位以内を目指す戦いは続いていく。「きょう終われて良かった…」というのが、谷原にとってのわずかばかりの慰めだ。(シンガポール・セントーサ/今岡涼太)

関連リンク

2017年 SMBCシンガポールオープン

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~