ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

シード争いから優勝争いへ 正岡竜二に初優勝のチャンス

◇国内男子◇カシオワールドオープン3日目(25日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

来季シード喪失の危機から一転、ツアー初優勝の可能性も見えてきた。賞金ランク88位とシード獲得圏外(※)にいる正岡竜二が、2位から出た3日目を5バーディ「67」でプレーし、通算12アンダーと伸ばして同位置をキープ。後半16番からの3連続バーディフィニッシュで首位・池田勇太に1打差に迫り、2日続けて池田と同じ最終組から最終日をティオフする。

シード争い最終戦となる今週で圏内に滑り込むには、今週開幕時点で最低でも186万円以上の加算、順位にして24位以上の成績が求められていた。フタを開けてみれば、賞金タイトル争いの中心にいる東北福祉大学の2つ後輩、池田勇太と優勝を争う立場へ。「奇跡ですね。きょうは(同組の)勇太についていくのに一生懸命で、上がってみたらこんなに良いスコアでした」と頬を緩めた。

大学当時から親交が深い池田とは、先輩と後輩の垣根を越えた友人同士。この日は、あす優勝争いをする池田と席を並べての記者会見となり、「勇太には世話になりっぱなし。きょうも緊張し過ぎることなく、勇太のオーラから“頑張れ”というカツを感じながらプレーしていた」と感謝の言葉をおくり続けた。

優勝の可能性も十分に残されているが、「そんな器じゃない。それよりも、(シードを獲って)来年の仕事をきっちりと決めたい。それだけです」と無欲を貫く33歳。「あしたも勇太と回れるのが嬉しい。目の前で、来年の(シード)確保を報告したい」と、あくまで3年連続のシード維持を目標に挙げた。(高知県芸西村/塚田達也)

(※)来季シードは賞金ランク上位75人に付与。今季は義務試合数に満たない7選手が対象から除外されるため、賞金ランク82位まで繰り下がる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。