ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

「1日ハマれば勝てる」別次元の強さ!松山英樹が7打差圧勝

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日(13日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

ファンに、出場選手に別次元の強さを見せつけた。7バーディ、2ボギー、1ダブルボギー「69」でプレーし、通算23アンダーで日本ツアー自身2連勝を達成した松山英樹。自身初となる“完全優勝”は、ダレン・クラークが2004年に作った大会レコードを1打更新。後続に7打差の圧勝劇は、2週前の世界選手権シリーズ「WGC HSBCチャンピオンズ」に続く出場2連勝。「日本オープン選手権」に続き、今季の日本ツアーは2戦2勝とした。日本のエースは、世界中をフィールドにして突き進んでいる。

序盤は思わぬ苦戦を強いられた。ティショットを左に曲げた6番(パー5)、林の中に飛び込んだボールは木の根元に落ちた。ここで少し流れが変わった。「ケガをして棄権は嫌」とアンプレヤブルを選択し、フェアウェイに出した後の第3打を池に入れてダブルボギー。悪い流れは収まらず、続く7番もボギーとした。8番はバーディを取ったが、9番では再びボギー。前日までに積み重ねた6打のリードは、前半で3打差まで迫られ、圧勝ムードは薄れかけた。

だが、世界中でしのぎを削り、結果を残しているマツヤマに焦りの表情はない。進藤大典キャディも「流れが悪かっただけ」と淡々。米ツアー3勝をつかんだタッグが声をそろえてカギに挙げたのは、カップが厳しい傾斜に切られた11番(パー5)。松山の3打目はグリーン左手前のラフから。静寂の中、ロブウェッジで放った球は1.5mにピタリ。歓声に沸く中で、バーディパットを沈めた。

これで嫌な流れを断ち切ると、御殿場は松山の独壇場と化した。ギャラリーの視線は、一人旅を続けるトップランカーに向けられる。「期待されて、それに応えられる選手であり続けたい。プレッシャーがないと成長できる度合いが違う」。6Iでティショットを放った13番はピンそば10センチ。花道から寄せた15番は30センチ。バーディを決めるたびに地響きのような歓声が起きた。

グリーン右手前に池が構える最終18番(パー5)では、2オンを狙ってこの日2度目の池ポチャ。ため息に包まれたが、すぐに主役は度肝を抜かせた。70ydから62度のウェッジでピンを1mほど超えるとバックスピン。ボールは、カップに10センチで止まった。ウィニングパットを決めると帽子を取って笑顔。「いつも通りにやった。でもギャラリーを魅せるプレーになっていたらうれしい」

直近4試合の出場試合で3度目の優勝を手にした。成長の実感もある。「パットが決まるようになった。昨シーズンの『ドイツバンク選手権』から良い感じ。もちろん良くない日もあるけど、良くないときのレベルが上がった」。国内ツアーに限っていえば、今シーズン2戦2勝で勝率100%。どちらも大差で圧勝している。「日本では1日、ハマれば勝てると思う」。主戦場を米国に移して4年目。世界の厳しさは、誰よりも知っている。「米ツアーは3日、ハマらないと勝てない」。今回の御殿場では「3日間良かった」と自己評価した。

久しぶりに見た富士山に「こんな大きかったのか…」。世界遺産の麓で、格段に逞しさの増した24歳が、大きくそびえたった。(静岡県御殿場市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。