ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

45歳の細川和彦 解説席から松山英樹の好敵手に?

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日(10日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

「WGC HSBCチャンピオンズ」で日本人初の世界選手権シリーズ優勝を果たした松山英樹の凱旋試合で、45歳が気を吐いた。2013年末に賞金シードを失い、推薦出場した細川和彦が「68」で4アンダー5位タイと好スタートを切った。

細川といえば、カーボンシャフトのアイアンを男子ツアーで使用してきた“先駆者的存在”。そのベテランは今週、10年ぶりに(アイアンを)スチールシャフトに総入れ替えした。

開幕3日前の7日(月)に一緒にラウンドした選手のクラブを握って好感触を得ると、メーカー担当者に即相談。日本シャフトのN.S.PRO MODUS3 TOUR 130(硬さS)に差し替えて臨んだ9日(水)のプロアマ戦でいきなり優勝した。本戦で初めて使ったこの日は5バーディ、1ボギー。「いまの体の回転とタイミングに合っているシャフトなんだと思う。カーボンよりも粘りもあって良い」と手応えはいっそう確かなものになった。

昨年はサードQTで失敗し、今季はこれがわずか6試合目。出場機会にすら恵まれないシーズンを過ごしているが、ツアー通算8勝の実績から日本ツアー各大会のコースセッティングの担当者のひとりに選ばれた。すでに9月「フジサンケイクラシック」で設定を任され、外からトーナメントを見る立場は「自分にもプラスになっている」という。

10月には「日本オープン」のハイライト番組の解説者を務めた。その2週後、今度は世界選手権シリーズ「WGC HSBCチャンピオンズ」の生中継で解説席に座った。いずれも優勝したのは松山で「(中継局の)NHKの方にも言われるんですよね」と笑う。

両大会のチャンピオンはこの日、7アンダーの単独首位発進。細川は「まあ、そういうことは意識せずにやるよ」と自分のゴルフに徹するつもりだが、数週間前までコメンテーターと選手という関係が、突如としてタイトルを争うもの同士に変わるかもしれない。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。