ニュース

国内男子HEIWA・PGM選手権の最新ゴルフニュースをお届け

グリーンの女神が微笑んだのは 賞金レーストップ2は最終日に再戦

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 3日目(5日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7214yd(パー70)

ムービングデーの最終組対決。賞金王を争う2人の明暗を分けたのはグリーン上だった。賞金ランク1位の池田勇太を約730万円差で追う谷原秀人は5バーディ、1ボギーの「66」でプレーして、通算12アンダーで首位をキープ。池田は4バーディ、4ボギーの「70」とスコアを伸ばせず、通算8アンダーで4打差の3位に後退した。

<< 下に続く >>

「我慢しかできない」。前半8番にようやく1つ目のバーディを奪った谷原は、迎えた後半11番(パー3)で「15mはあった」という長いバーディパットを、カップの奥の壁に当てる強打でねじ込んだ。17番では手前から10mの長い距離を再び沈めてバーディ。こちらも同じ最終組で回った稲森佑貴を捕らえて首位タイで終えた。

「パットで粘れていなければ5オーバーくらい叩いていた」と、ショットの不調は改善されぬまま。「これだけ状態が良くないと、1球1球をどうやって真っ直ぐ飛ばそうかとしか考えない。結果だけがあとからついてきているという感じ」と、好スコアにも不満顔だ。「勇太は一番ショットがいいし、パターが入ってくれれば伸ばしそうな雰囲気はある。稲森も安定しているので崩れる要素はない」と、谷原はライバルたちの威勢の良さを口にする。

それゆえ「僕は崩れる要素がてんこ盛り」と、最終日も苦しい展開を予想。「きょうは1打、2打離されようが、ショットが上手く行けば追いつけると、期待を持って待った。あしたもきょうのような我慢ができれば」と、攻め急ぐことなくチャンスを待つ心づもりだ。

一方の池田は1番で左セミラフからの第2打をグリーン左カラーにボールを運び、約4mを沈めて早々に飛び出したが、その後はチャンスを逸する苦しい展開。2番、3番(パー3)と1.5m、3mのバーディパットを外した。この日の平均パット数は『1.8182』として、初日(1位タイ)、2日目(8位)の1ケタ台から38位に後退した。

「何が悪いというか流れなのか。きょうみたいなゴルフじゃ話にならない」と口は重い。16番(パー3)では約10mの長いバーディパットを沈めて獲り返すものの、「あれはラッキーだった」と憮然と振り返った。「4打差(の逆転)は大変だけど、あしたはいいことあると思う」。ランキングトップの座を簡単に明け渡すつもりはない(千葉県印西市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 HEIWA・PGM選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!