ニュース

国内男子ISPSハンダグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

最難関パー4で10打 前年覇者の武藤俊憲は大きく出遅れ

2016/06/23 20:09

ディフェンディングチャンピオンが、最難関ホールの大たたきで出遅れた。石川県の朱鷺の台CCで23日に開幕した国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」初日。武藤俊憲が前半7番のパー4で「10打」を叩くなど「73」(パー71)、2オーバーの119位とし、大会連覇に早くも黄色信号が灯った。

緩やかに左ドッグする7番は479ydと距離がある上に左右がOBで、この日の平均ストローク「4.473」を記録した最難関ホール。「(ホール幅は)狭いし、風も右から吹いていた。ちょっと迷ったのはある」という1打目は「完全にいっちゃった」と左へOB。ツアーでも有数のショット巧者らしからぬ、大たたきの始まりだった。

<< 下に続く >>

打ち直しの3打目も左に曲がり、木に当たる不運も重なって再びOBゾーンへ。5打目も左の林に入れ、6打目はフェアウェイに出すだけ。7打目もミスしてグリーン手前のバンカーに入れ、8オン2パットとした。

折り返し後の10番、12番もボギーとしたが、14番からの5ホールで4バーディを奪い返す意地のカムバックも。借金完済とまではいかなかったが「良い上がりはできたし、バタバタしたのはあの1ホールだけ。あした頑張るだけです」と、挽回を誓った。(石川県羽咋市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダグローバルカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!