ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

6人目の連覇へ 池田勇太はスロースタート宣言

2015/10/14 17:01

男子ゴルフの日本一を決める「日本オープン」は15日、兵庫県の六甲国際GC東Cで開幕する。今大会で大会連覇を果たす権利を持っているのは、池田勇太ただ1人。過去に5人しかいない連覇へ、気合いが入って当然の状況ではあるが、今回の池田はそこまで気持ちが高ぶってこない。

8月の「RIZAP KBCオーガスタ」で今季初優勝を飾ったが、直近4試合は優勝争いに絡みながらも、6位→2位→3位→8位とトップ10フィニッシュに甘んじ、詰め切れないゲームが続いている。「ゴルフの調子はいいんだけど…」と状態の良さは間違いなさそうだが、「なんとなく、くたびれた感じはある」と、ここ数週間のもどかしい戦いに苦笑を見せた。

賞金ランキングでは、首位のキム・キョンテ(韓国)を約5438万円で追いかける2位。次週は自身が「第2のメジャー」と呼ぶ契約メーカーの「ブリヂストンオープン」が控えている。

「日本オープンの2連覇をしてみたいという気持ちもあるし、賞金王を考えれば優勝も不可欠。それに、まだやったことのない2週連続優勝もしてみたい。考えること、望むことはいっぱいあるけど、1つも達成できていない。今週、なんとか自分で引き寄せられれば」と、神妙に決意を語った。

「かといって、連覇をしたいかと言われると、そうでもない」。勝ちきれない淀んだ流れは、開幕が翌日に迫っても、そんな言葉を池田に続けさせる。「持ち上がるのか、持ち下がるのか、なんとも分からない微妙な気分」と口元を歪め、「こんなときは、普通にやったらいいのかな」と達観したように自分に語りかけた。

放っておいても、時がくれば気持ちは満ちてくる。好位置で迎えるサンデーバックナイン。優勝をかけた勝負の一打。だからこそ、それまでは自然体を心掛ける。

予選2日間はアダム・スコット(オーストラリア)と同組で回る。「だからだな、最初の3ホールくらいはまずアダムのギャラリーをする。1番(パー5)スタートだから、どれくらい飛ぶのかを見て“ほーっ”って感じでだな…」。気持ちを穏やかに、スロースタートで日本一の称号を目指す。(兵庫県神戸市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 日本オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。