ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明、圧巻の輪厚ベストスコア「61」 遼に“リベンジ”明言

国内男子ツアー「ANAオープンゴルフトーナメント」3日目。小田孔明が札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースのコースレコードを叩き出した。2アンダーの31位タイから出て1イーグル、10バーディ、1ボギーの「61」。2005年に深堀圭一郎すし石垣がマークしたこれまでの最少スロトークをひとつ更新し、石川遼と並ぶ通算13アンダーの首位タイに急浮上した。

最終組がスタートする1時間50分前にティオフした小田。5番(パー5)で残り45ydの第3打をSWで放り込むと、怒涛のチャージを開始した。2mのチャンスを生かした後半11番(パー3)から3連続バーディ。「ショットが上りのパットを残す良いところについた」。予選2日間は初日32パット、2日目31パットとグリーン上で苦しんだが、持ち前のショット力でその問題を解消した。

15番でピン右から3mを沈め、続く16番(パー3)ではカップを一周させて10mをねじ込んだ。右手前のバンカーからの3打目をピンそば1.5mにつけた17番(パー5)も決めて、再び3連続バーディ。驚きの歓声が飛び交う中でも表情ひとつ変えない。「最後はゾーンに入った。打てば入る、そんな気がした」。

カップに蹴られて惜しくもバーディフィニッシュとはならなかったが、その最終18番では、ティマーク脇にある全日空機のミニチュア越しに、豪快な1Wショットを目にした男性ギャラリーが「ロケットみたいだ」とつぶやいていた。

ボールマークとキャディバッグに入る「67」の数字は、6月7日生まれの小田が毎ラウンドの目標スコアに掲げているラッキーナンバー。「(賞金ランクトップの)キム・キョンテが今週は欠場しているので差を詰めたい。週末2日を67、67で回って、後半戦へのきっかけをつかみたかった」というが、その目標をはるかに下回るキャリアベストスコアだ。

最終日にともに首位から出る石川遼には、昨年7月に北海道で行われた「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」でプレーオフ負けを喫した。あの時「もう2位はイヤだ」とこぼした小田。そしてきょう、言い切った。「リベンジします」。絶好の機会が巡ってきた。(北海道北広島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ANAオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。