ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

攻めは可能か? 宍戸ヒルズ独走劇を追いかける面々

最終日を前に中国のリャン・ウェンチョンが5打差の独走態勢を築いた今季の国内メジャー第2戦「日本ツアー選手権森ビル杯」。ここまでのスコア差を作った要因でもある宍戸ヒルズCCの難セッティングは、このまま逃げ切りを許すだろうか?

「攻めたら伸びるというわけじゃない」(小田孔明=9打差5位)と、多くの選手が口を揃えるマネジメントの妙がある。

一発のミスショットがダブルボギーやトリプルボギーに繋がるため、「イケイケ・ゴルフは1日は通用するかもしれないけど、4日間は無理」(小平智=5位)と、自制と忍耐が求められるコースだ。

「ここはラッキーがないと、良いスコアは出ない」(宮本勝昌=10打差8位)というように、じっくりとフェアウェイをキープして、確実にグリーンに乗せて、チャンスを待つ、というのが多くの選手の基本戦略になる。

「リャンがバーディ先行でどんどんスコアを伸ばしていったけど、追いつこうとするよりもボギーを打たないように注意をしながらプレーをした」というのは、2位で追うブラッド・ケネディ(オーストラリア)。リャンの背中に最も近い位置に付けるが、「少しでも難しくなってくれた方が、何かが起こるかもしれない」と、明日も自分から動くつもりはないようだ。

「あまりこういうことは言いたくないけど、上が落ちてくるのを待つしかない。基本的には2位狙い」と小平も話した。

一方、「守りたい気持ちと攻めたい気持ちが中途半端。でも明日はガンガン行きますよ」と、気持ちを奮い立たせる小田孔明のような選手はまれだった。「最終日」の要素が加わる残り18ホールで、ドラマを作るのはどちらの戦略か?(茨城県笠間市/今岡涼太)

関連リンク

2015年 日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~