ニュース

国内男子チャレンジツアーの最新ゴルフニュースをお届け

日高将史が三つ巴のプレーオフを制して初勝利/チャレンジ最終日

ウェイティングから繰り上げ出場を果たした ウェイティングから繰り上げ出場を果たした日高将史が、三つ巴のプレーオフを制して初優勝を飾った

国内下部チャレンジトーナメントの今季第3戦「ジャパンクリエイト チャレンジトーナメント in 福岡雷山」は8日(金)、福岡雷山ゴルフ倶楽部で2日間競技の最終日を行い、2007年末にプロ転向した日高将史が初優勝を飾った。

首位に2打差の2位から出た日高はこの第2ラウンドで「68」で回り、通算10アンダー。16位から「65」をマークした高松瑠偉、「66」の副田裕斗と首位タイで並んでホールアウトした。

18番(パー5)の繰り返しで行われたプレーオフの1ホール目でバーディを逃した福田がまず脱落。2ホール目以降パーが並んだ高松に対し、日高は4ホール目でバーディを奪って勝負を決めた。

宮崎県出身の日高は4日(月)に29歳になったばかり。今大会はウェイティング(待機選手)から繰り上がりで出場した。

【上位の最終成績】
優勝/-10/日高将史
2T/-10/高松瑠偉副田裕斗
4T/-9/周興喆沖野克文高橋佳伸
7/-8/山本隆允


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~