ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

メジャー覇者のY.E.ヤンが日本ツアー復帰を果たす

2009年「全米プロゴルフ選手権」でタイガー・ウッズと最終日に最終組でラウンドし、アジア人選手初の海外4大メジャー覇者となったY.E.ヤン(韓国)が、日本ツアー復帰のためにファイナルQTに出場。6日間108ホールを通算19アンダーでプレーし、出場優先順位4番手で来季の出場資格を得た。

ヤンは2002年シーズンから日本ツアーでプレーし、5年間で4勝を挙げて、07年シーズンから米ツアーに転身。「おひさしぶりです」。屈託のない笑顔は健在で、日本語はゆっくりと話せば一通り通じるほど、はっきりと覚えている。

<< 下に続く >>

「とりあえず、出場資格が欲しかったので受けました。でも、どの試合に出られるか分からないですね。来年は欧州ツアーが1番、その次が日本ツアー。あとはアメリカもアジアもスケジュールを調整して出ようと思います」

出場資格は得たが日本ツアー中心というわけではなさそうだ。それでも「ジャパンオー-プンだけは出たいし勝ちたいですね」と、秋の国内メジャー「日本オープン」での優勝を1つの目標に掲げた。

約8年間日本を離れていたことで「選手も試合もだいぶ変わって分からないですね。韓国人選手も私がいたころは5人ぐらいでしたが、いまは20人ぐらいいますよね。あと、私の勝った試合がなくなっているのは寂しいですね」。

ヤンが優勝した「サン・クロレラ クラシック」「アサヒ緑健よみうりメモリアル」「サントリーオープン」の3試合はすでにツアー日程から消えた。「コカ・コーラも名前が違いますね。コースも違うのですか?」と報道陣に逆取材を開始した。

今年は「トップ杯東海クラシック」として開催された試合で、開催コースは三好CCだと伝えると「良かった。私、ナントカ太郎かと思いました(笑)」。42歳になったベテランは、浦島太郎を例えに持ち出し、8年前と変わらぬ笑顔で日本通ぶりをアピールした。(三重県津市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!