ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

「バカバカしくなった」3位・今野康晴の不満顔

国内男子ツアー「中日クラウンズ」の1999年チャンピオン・今野康晴が、今年も上位に進出し、通算6アンダーで3位に入った。だが、その後味は決して良いものではなかったという。

「16番を終わったところで競技委員に『急げ』と言われて、そこでバカバカしくなってしまって・・・。自分としてはそんなに遅いつもりはなかったけど、確かに8番を終わってからも言われていて、そこから全然追いつけなくて。JGTOは遅い人に言わないで、(組)全体に言うから、去年のフジサンケイもこういうことなんだ(編注・関連リンク参照)というのが分かりました」。

その一方で、今野と同組で回ったI.J.ジャン(韓国)は、17番での注意も「全然、気にならなかった」とマイペース。「風が強かったし、グリーンが硬いし、(いつもの)和合のコースだった」と丁寧なプレーを続けた。

もっと時間をかけたかった今野と、ペナルティを取られない範囲でのプレーを続けたジャン。ともに17番はボギーとしたが、最後は18番をバーディとしたジャンが、同ホールをボギーとした今野を1打逆転して2位に入った。(愛知県東郷町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 中日クラウンズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。