ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

武藤俊憲が2位発進 3試合で5本目のドライバー

2013/10/03 18:00


国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の初日、武藤俊憲が4バーディ、1ボギーの3アンダーをマークした。首位と1打差の2位タイにつけて、2008年大会以来2度目の大会制覇に向けて好スタートを切った。

「もう5年も前なんですよね。僕にとってはとても大きな優勝だった。(池田)勇太くんと18ホール競り合って勝てた、あの優勝で一皮むけたと思っています」。しみじみと、この大会で優勝を思い出す武藤は、翌年に「The Championship by LEXUS」で優勝。さらに2年後の11年には「ダンロップフェニックストーナメント」と、高額賞金が用意された試合で、世界の強豪を相手に競り勝つ選手へと成長を遂げた。

この日、3アンダーと上々のプレーを見せた要因を「ドライバーショットが良かったですね」と話す。「関西オープン(8月)ぐらいから良くなってきたのですが、ANAオープン(9月)でドライバーのヘッドが割れてしまって。そこから迷宮入りという感じですね」と苦悩を明かした。

今季開幕から使用してきたエースドライバー、テーラーメイドのR1ドライバーが2週前に破損し、メーカーに新しいヘッドを用意してもらったが、しっくりとこない。先週は、それ以前に使用していたバーナードライバーを握ったが、それもダメ。自宅に保管していたバーナーの同モデルを引っ張り出したが、それでも納得がいかず、昨年のエース格だったR11sドライバーがようやくスイングにマッチしたという。割れてしまったヘッドから数えて、実にこの3試合で5本目だ。

「新しいSLDRドライバーも試していますが、もう少し調整してから切り替えるつもりです。今週はグリーンが硬いので、ティショットでラフに入れてはスコアを伸ばすことができないので、安心して振れるクラブが欲しかったんですよ。ドライバーが良ければ、アイアンも良くなるし、パッティングもその流れで良くなると思っています。明日もこのフィーリングを大事にしたいですね」。

シーズン開幕から夏まではドライバーショットが安定せず苦戦を強いられた武藤は「でも、ドライバーショットで苦労した分、アプローチとパッティングが上手くなって良かったです」と苦笑い。「このコースは良い印象もあるし、正直チャンスだと思っています。チャンスをみすみす逃したくないので、頑張ります」と、自らを奮い立たせて2日目以降に挑む。(愛知県みよし市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 コカ・コーラ東海クラシック

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!