ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2位発進の深堀圭一郎には8年ぶり勝利への期待

北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで開幕した国内男子ツアー「ANAオープン」初日。ツアー8勝で2005年大会のチャンピオン、深堀圭一郎が「66」をマークして首位に1打差の2位タイと好発進を決めた。

前半7番からの3連続を含む6バーディ。深堀はそれよりも今年5月の「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」初日以来となるノーボギーラウンドを喜んだ。「内容はひどかった。朝から左の木に当てちゃったり…」とショットに苦しみながら、ショートゲームが冴えた。6番ではティショットは左、セカンドは右へと乱れるも、最後は3メートル強のパーパットを沈めた。周囲からは思わず「粘り強いなあ、若い時みたい」と声が飛んだ。

<< 下に続く >>

今季はアジアシリーズを含めた前半戦の出場9試合(長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントまで)で、すべて予選を通過しながらも、最高位は「つるやオープン」の10位タイと振るわない。そして6週間のオフを経て迎えた8月の後半戦はここまで3戦連続で予選落ちを喫し「モチベーションも落ちていたところ」だった。

だが、前週末にはツアーが主催するチャリティ活動の一環で、池田勇太と岩手県宮古市で被災地の子供たちと触れ合い「良いチャンスをいただいた」と気持ちも一新してきた。そして今大会開幕2日前には仲の良い丸山茂樹、そして松山英樹と練習ラウンドをともに。「丸山の元気な姿、松山のすごいゴルフを見られて楽しかった。若い選手が伸びていくのを見るのは、いつ見てもいい」。自宅に帰れば愛娘もいて、刺激を受ける要素はいっぱいある。

この日は同組でプレーした池田が114位タイと大きく出遅れ。深堀もかつて、同じように選手会長を務めた経験がある。「勇太の今日のプレーを見ていて思った。忙しかったりすると、物事に集中していそうで、なかなかできないことがある」と気遣った。見えない重圧や苦楽を知る44歳も、復活勝利が大いに待たれる存在だ。(北海道北広島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!