ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

26位発進の松山英樹 後半失速も焦りナシ

国内男子ツアーの「ANAオープン」が19日(木)、北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで開幕。松山英樹が4バーディ、2ボギーの「70」で回り、単独首位の片山晋呉に5打差の2アンダーの26位タイでスタートした。

澄み渡った空の下、初日午後スタートとなった松山は、出だしの10番で6メートルを沈めていきなりバーディ発進。12番(パー5)でグリーン右手前からのバンカーショットをピンそば1メートルにつけて2つ目を奪うと、18番(パー5)では左から6メートルを読み切り、3アンダーとして折り返した。

<< 下に続く >>

しかし同組の昨年覇者・藤田寛之とともにスコアを伸ばして迎えた終盤、若き怪物の勢いが止まった。3番で4つ目のバーディを奪ったが、5番(パー5)では3番ウッドでの第1打を右へ曲げ、ペナルティゾーンである池の縁にボールを落として4オン2パットのボギー。そして7番ではラフを渡り歩いてボギーを叩いて後退。上位発進のチャンスを逃した。

それでもホールアウト後の表情は淡々、飄々としたもの。ショットへの不満はあったが「短いパットを外したけれど、フジサンケイの時より、入らなくてもストレスはたまらなかった」と話した。

今週は、スイングに入る直前にクラブを腰のあたりまで上げ、軌道と体の動きを確認するプレショットルーティンを実戦で導入。依然、入念な確認作業は続いている。「まだ初日なんで、いいんじゃないですか。初日で優勝できるわけではない」。米ツアー本格参戦前の大事な大会。このままでは終われない。(北海道北広島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!