ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

武藤俊憲、スイング変えて6アンダー9位タイに浮上

2013/06/21 18:42


国内男子の今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権Shishido Hills」の2日目。1オーバー66位タイからスタートした武藤俊憲が、8バーディ、1ボギーの7アンダー「65」でラウンドし、首位と5打差の通算6アンダー9位タイまで浮上してきた。

スタートから2連続バーディを奪った武藤は、6番パー5でもバーディを奪い、10番パー5からは4連続バーディとした。10番は2オンしての2パット、11番からの3ホールはピンから3メートル以内につけてのバーディと、アイアンショットでチャンスを演出した。

<< 下に続く >>

「アイアンを去年使っていたものに換えたんです」。先週は奈良県オープンに出場し、そこから昨年使用していたものに戻したという。「シャフトの長さも少し短くしました。ドライバーも合わせて半インチ短くしたんです」。

今季は「中日クラウンズ」で5位タイという成績はあるが、3試合で予選落ちになるなど不安定な状態だった。「スイングが横振りになっており、縦振りにしたかったので、シャフトを短くしていました。上からボールに対して向かっていけるようにクラブを入れたかったのが、出来るようになって来ましたね」。

イメージ通りのスイングを取り戻した武藤は、パッティングに関してもアイアンと同じようなイメージでストロークすることで良くなってきたと言う。

「スタートの時は予選落ちも頭に浮かんだのですが、4連続バーディがきて上位に入ったことで(予選通過への)確信を持ちました。まだ、2日間ありますが、久しぶりに優勝も視野に入れつつ頑張ります」。元々の持ち味である切れ味の良いショットと、1度悩み出すとなかなかきっかけを掴めず苦しんでいたパッティングの両方を開眼。昨年の「関西オープンゴルフ選手権競技」以来、6度目の優勝を見据える。(茨城県笠間市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!