ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

前週は無念…キム・キョンテが3位浮上

高知県のKochi黒潮カントリークラブで開催されている国内男子ツアー「カシオワールドオープン」2日目。3アンダーの13位タイから出たキム・キョンテ(韓国)が「67」をマークし通算8アンダーの3位タイに浮上してきた。

惜敗を喫した10月の「マイナビABCチャンピオンシップ」以来、3試合ぶりのツアー出場となったキョンテは、今シーズン悩み続けていたパッティングでスコアを作った。前半は5番から、後半インは14番から2連続バーディを奪取。「バーディチャンスはそんなに無かったけれど、やっぱりパット。今年一番入ったかもしれない」と上位進出を果たした。

だが、その表情に浮かぶ笑みは最小限のもの。まだ2日目、それもある。だが前週、キョンテは来年度の米ツアー出場権を懸けたセカンドクオリファイに参戦し、1打差で敗退。ファイナル進出の道すら閉ざされてしまった。「パットがホントにダメだった。しょうがない…」。

最終予選会上位者がレギュラーツアーの出場権を手にするのは今年が最後。来年度からQスクールは下部に位置するウェブドットコムツアーへと直結する。それだけに、今年は例年以上に狭き門となったが、既に米ツアーでの活躍の経験も持つだけに、失望感は大きかった。「来年はほとんど日本でプレーすると思う」。もちろん米ツアーの本格参戦を諦めたわけではない。世界ランキングを上げ、自力でメジャーやWGCの出場権、そしてレギュラーツアーの推薦を勝ち取っていくというのが現状の考えだ。

「フジサンケイクラシック」以来となる今季2勝目へ好位置。「いつもと変わらず頑張ります。この2日間でよかったので、もっと頑張りたい」と顔を上げる。失意の底から、きっとキョンテは這い上がる。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。