ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

平塚哲二 得意の“酔拳”で?首位に2打差

2012/09/29 16:22


愛知県の三好カントリー倶楽部 西コースで開催中の国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」3日目。単独首位のH.W.リュー(韓国)を筆頭に韓国勢が上位を占める中、平塚哲二が「68」をマークして2打差の通算3アンダー5位に浮上した。

1番、3番と序盤でバーディを先行させ、ムービングデーを幸先の良く滑り出した平塚。それでも前半は我慢の連続だった。ショートゲームでピンチを逃れ、8番(パー3)ではバンカーからの寄せワン、9番では大きなスライスラインのパーパットを沈めて折り返し。すると「後半はティショットがフェアウェイに行きだした」と安定感が出はじめ、3バーディ。最終18番も2メートルのパーパットをなんとかねじ込んで笑った。

<< 下に続く >>

「こんなスコアで回れるとは思ってなかった」。両サイドの深いラフに悩まされ、我慢比べの様相を呈す今大会。しかし、予想外の好プレーと感じたのには、もうひとつ理由が。前夜は、スポンサー関係者の誕生パーティだった。ワインでの乾杯に始まり、シャンパンへ。ツアー屈指の酒飲みとして名を馳せるが、グラスが空く時間などわずかなもの。第2ラウンドの後は、トレーナーの勧めで初めて酸素カプセルにも入って体をケアしていた。しかしそれもアルコールの吸収を促進しただけ。夜12時頃に中座したが、「明日は“酔拳”やなぁ」と土曜日を憂うばかりだった。

それでも、難易度の高いコースでほど実力を発揮する持ち前の勝負強さを披露。「こういう位置でやるのが幸せやと思うし、ここでやらなアカンなぁと思う。こういう戦いを増やしていかないと優勝に近づかない」。昨年の「パナソニックオープン」以来となる逆転での今季初勝利へ闘争心にも火がついてきた。

11月に41歳になるベテランは、大酒飲みの一方で、コースでは打撃レンジに長くいる選手の一人。「コースに来ると、しゃべらないから人が違うと言われる」。日本ツアー、そして掛け持ちするアジアンツアーともにシード権はこのまま低迷すれば、来季いっぱいで切れてしまう。まずはその確保を両ツアーで続けることが最低限の目標だ。

大好きな酒はオンとオフを切り替える大切な“道具”でもある。「コースを離れたら、もうゴルフのことは考えたくない。酒を飲まなくなったら気が狂うんじゃ…」。35歳のとき、不調のあまり一時、禁酒した。「勝つまで飲まない」と宣言した。だが「あまりにもうまくいかなくて、地方オープンで勝って『よし、勝ったぞ』って、やっぱり飲むことにした」と3か月で解いた。それ以降、その誓いは立てていない。

「ゴルフは仕事」とキッパリと言い、その仕事のことを忘れ、仲間とのドンチャン騒ぎが日々の楽しみだ。けれど「優勝したあとに、一人になって、一杯グッと飲むのが好き」とも、しみじみ言う。大混戦の最終日。日本ツアーでは7度目となる勝利の美酒を味わいたい。(愛知県みよし市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!