ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】師匠・田中秀道の恩に報いる初勝利

2009/04/26 18:28


富田雅哉がプロトーナメントの優勝を初めて体験したのは、今から13年前の1995年。当時18歳の富田は、「フィリップモリスチャンピオンシップ」に田中秀道のキャディとして帯同し、田中のツアー初優勝を特等席で味わった。

「あの時の歓声は僕に対してじゃないけど、今日は僕に拍手をしてくれた。興奮するし、熱いものがありましたね」。

<< 下に続く >>

今週、お師匠さんと慕う田中が、07年以来となる予選通過を果たし、富田が18番グリーンに上がってくると、アテストテントで待っていてくれた。「凄い嬉しかったですね」。優勝を確実にしてホールアウトした富田は、その場に田中を見つけると思わず目頭が熱くなった。

昨年末、富田は厳しい指摘を受けていた。「身体能力があって、羨ましい素材があるのに、賞金ランキング30位くらいで半笑している。おまえ、そんなんじゃないだろうって」。田中は、能力を持ちながらそれを発揮していない富田が、腹立たしかったという。「4位とか、7位とかで小さなガッツポーズをとっている。最終日の1番ティに、勝とうと思って立っているように思えない。もしそうならば、良く考えた方がいいよと。なんで、その思いで立たなかったのか。もしくは、立てなかったのか」。

富田は素直にそれを認める。「その通りの事を言われました。3000万円くらい稼いで、今年もシードを獲れたって思っていた」。

今週やっと、その気持ちが見えかけた。「今回は、(上田)諭尉さんに追いつきたい。追い越したいと思ってやっていた。目標を持ってやらないといけないって事が分かりました」。初優勝を決めた今は、「また、すぐ勝ちたいです」と狙うは次の優勝だ。チャンスがあればすぐにでも行きたいという米ツアー。目標を持って、それを達成する快感を知った富田が、いよいよ才能を開花させようとしている。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!