ニュース

国内男子サン・クロレラ クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

松山、圧巻のスパートで2位フィニッシュ!「全米アマ」へ弾み

2012/07/29 17:13


圧巻の上がり6ホールだった。首位に4打差の5位タイから「サン・クロレラ クラシック」最終日のスタートを切った松山英樹は、5番でダブルボギーを叩くなど前半に苦しんだが、13番から4連続、さらに最終18番とバーディラッシュを演じ、この日7バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「69」。逆転優勝には2打及ばずも通算13アンダーの2位タイで終え、“アジア最強アマ”の底力を見せた。

昨日の上がり3ホールで掴んだショットの手応えはしかし、一夜明けた最終日は不安を抱きながらの序盤となった。「朝の練習場では調子が良かったけど、何であんな風になったのか分からない。(昨日と)同じ感じで振っているつもりでも違っていた」。前半の3番、5番とティショットを左に曲げ、ボギー、ダボと序盤5ホールで3つ落とす滑り出し。その中でも、「1つ戻していけば、もしかしたらチャンスはあるかもしれない」と、松山の目は遠ざかりつつあった首位の背中だけを見据えていた。

6番、8番と5mを決めてバーディを奪うと、サンデーバックナインで一気に点火。「13番のティショットを打ったあたりから、昨日の最後のような流れになった」。その13番で2m、続く14番でも3mを決めてバーディを重ねると、15番で4m、さらに最難関の16番ではフェアウェイからピン上1.5mにつけ、怒涛の4連続バーディ。最終18番でも2mを沈め、豪快なガッツポーズで締めくくった。「13番からは(ショットの)ミスが無かった」という完璧な内容で4日間を終え、「上がりで5バーディを獲れたことはプラスになる。これが自分のプレーだと思うし、忘れないようにしたい」と、その感触を五体に留めた。

来月上旬には渡米し、米国コロラド州のチェリーヒルズCCで8月13日に開幕する「全米アマチュアゴルフ選手権」に出場する。「この4日間は良いスコアで回れたが、今の内容では確実に負けると思う。今日の最後のようなスイングを、試合でしっかりとしていきたい」。小樽で掴んだ手応えを、アマチュア世界一を争う大舞台へと繋げる。(北海道小樽市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 サン・クロレラ クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。