ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は予選通過にほっと一息

2012/04/13 18:51


国内男子ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」の2日目、1アンダー33位タイでスタートした池田勇太は、4バーディ、5ボギーとスコアを1つ落としたが、通算イーブンパーの46位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

3番で3パットのボギーが先行した池田は、4番パー5のティショットを右に曲げてOB。さらに6番パー3ではティショットを右に曲げると、2打目のアプローチがピンを6mもオーバーして通算2オーバーまで後退してしまった。

9番でピンの左手前7mからバーディを奪うと、11番でもバーディを奪い少し盛り返した。しかし、12番パー5、13番パー3で連続ボギーをたたき、再び2オーバー。予選カットライン上をさまよっていたが、15番でバーディを奪うと17番パー5でもバーディを奪いイーブンパーまで戻した。

クラブハウスに戻った池田は「ふー、なんとか予選は突破したよ」と安どの表情を浮かべる。そして「まいったね、今日はディボットが6回だよ・・・」と歩きながらぼやいた。池田がラウンドした午前中は、風が強かったため、その風の下をすり抜けるためにボールを強く打ち込んで低いボールを打っていたのかと思われたが、不運にもボールを打った後にできるディボットに捕まったという。

それでも8番、18番などはしっかりとグリーンをとらえて危なげないゴルフで踏ん張った池田。首位とは9打差が付いているが、決勝ラウンドの2日間でその差を少しでも詰めるつもりだ。(三重県桑名市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。