ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹はギリギリで予選通過

2011/10/14 18:37


千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で開催中の国内男子メジャー第3戦「日本オープン」2日目。昨年のベストアマ松山英樹は通算6オーバーの58位タイで決勝ラウンドに進んだ。

1オーバーの25位からスタートした松山は、前半インの12番で乱れた。第2打をグリーン左奥へとこぼすと、アプローチが寄らず、さらに6メートルから3パットを叩いて痛恨のダブルボギー。続く13番で15メートルのバーディパットを決めたが、15番(パー3)ではティショットをバンカーに入れるなど安定感なく、その後4つのボギーを叩いて後退した。

「ティショットでドライバーが真っ直ぐ飛んだのは良かったけれど、セカンドショットでうまくいかず、苦しかったですね」。また、最も自信があるというパッティングも不調で「イメージ通りに打てていない。ストロークが悪いからああいう結果になった」と、ため息をついた。

ショット、パットがかみあわない2日間。ホールアウトした時点では予選通過圏外だったが、後半にスタートした選手たちがスコアを落とし、カットラインが繰り下がったため、ギリギリで決勝ラウンドに進出。ツアーでの貴重な経験を積む機会とあって「いろいろ試して、これから先のためにも一打、一打丁寧にやっていきたい」と話した。(千葉県千葉市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。