ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

【GDOEYE】アジアンツアー最年少賞金王が好発進

2011/05/12 20:49


兵庫県の小野東洋ゴルフ倶楽部で開幕した今季の国内メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」初日。韓国出身の19歳、ノ・スンヨルが首位に1打差の3位タイと好スタートを切った。

出だしから飛ばしたスンヨルは、インで4バーディを奪取。後半7番までに5つスコアを伸ばして一時はトップタイに立った。8番(パー3)で4番アイアンでのティショットを右の池に入れ、ダブルボギーとしたものの、続く最終9番をバーディで締めくくり、メジャーの優勝戦線を引っ張っていきそうな勢いだ。

石川遼と同じ1991年生まれのスンヨルは、今月29日に20歳になるアジアが誇るホープ。昨年はアジア、欧州ツアーの共催大会「メイバンク・マレーシアオープン」で優勝。アジアンツアーで最年少賞金王に輝き、この日本プロへの出場権を獲得した。

今週は主戦場とする欧州、そしてアジアンツアーともに試合が開催されているが「日本の代表する大きなイベントなので出場を決めました」。秋には「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン」など、数試合は日本ツアーに参戦する予定だ。

将来の目標は「まずは(2009年に全米プロを制覇した)Y.E.ヤンに続いて、アジア人、韓国人2人目のメジャーチャンピオンになりたい。そしていずれはチェ・キョンジュのように米国ツアーで活躍する選手になること」とキッパリ。その第一歩として、来季の米国PGAツアー参戦を目論んでいるという。

2日前から降り続く雨、グリーンの重さに苦しみ、多くの選手が悪条件を嘆いた初日。19歳は「欧州のコースに比べても、日本のコースコンディションは素晴らしい。すごく整備されています」と、こともなげに話した。国内最高峰の舞台で、アジアから世界へ羽ばたく逸材のプレーに注目したくなった。(編集部・桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。