ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

コカイン所持の余波!男子ツアーで薬物検査実施!

10月22日(金)に国内男子ツアーメンバーのウェイン・パースキーが、コカイン所持、使用の容疑で逮捕されたが、JGTO(社団法人日本ゴルフツアー機構)では、マナー委員会を開催し、パースキーに対し「懲戒処分」の処罰が決定した。

この処分内容は、年内(2010年)のツアートーナメントへの出場停止で、JGTOの懲戒・制裁規定第5条に相当。出場停止は、マナー委員会の審議を経て、理事会において期間が決定される。ただし、3ヶ月未満の出場停止となるため、今後パースキー容疑者が起訴、もしくは刑の判決が出た時点で、再度JGTOとして新たな処分を科すことも決定した。

今回の不祥事を受けてJGTOでは、今週開催される「三井住友VISA太平洋マスターズ」で9日(火)と10日(水)に薬物検査を実施することを改めて発表した。JGTOでは、昨年から無作為でドーピング検査を実施しているが、今回の検査は薬物(麻薬、大麻、覚せい剤など)に反応する検査で、招待選手とアマチュア選手を除く出場選手が対象となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。